投資・運用海外企業を買う

テキサス・インスツルメンツ 米国を代表する半導体の古豪=永井知美 海外企業を買う/202 

    米国南部の中心都市、ダラスにあるテキサス・インスツルメンツ
    米国南部の中心都市、ダラスにあるテキサス・インスツルメンツ

     ◆Texas Instruments

     米テキサス・インスツルメンツ(以下、TI)は、半導体売上高で世界7位(2017年)の老舗半導体メーカーである。半導体産業が本格勃興した1970年代から80年代前半にかけて世界最大の半導体メーカーだったが、主力のDRAM(メモリーの一種)で日本勢に敗れて85年に首位陥落。ただし、その後も主力事業を巧みに入れ替え、データの取れる76年から17年に至るまで、常に半導体売上高世界トップ10にランクインしている。売上高営業利益率は41%と非常に高い(17年12月期)。売上高構成比はアナログ半導体66%、組み込みプロセッサー23%、その他11%(17年12月期)となっている。

     TIの主力製品であるアナログ半導体は音声、温度、圧力、画像、電気などの自然界の信号と、0と1で構成されるデジタル信号の橋渡し役である。組み込みプロセッサーは特定機能に特化した集積回路であり、スマートフォン、洗濯機からファクトリー・オートメーション(FA)、ADAS(衝突などの可能性を事前に検知し回避する先進運転システム)に至る幅広い分野で、機器の頭脳部として使われている。同社は約10万の製品をそ…

    残り2833文字(全文3338文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事