国際・政治ワールドウオッチ

ロシア 高級シーフード急増 健康への関心高く=野村邦宏

 モスクワでは数年前からステーキハウスやハンバーガーショップが大幅に増えた。これはロシア産牛肉の品質改善によって、牛肉が食のトレンドになったからだ。さらに、このところ急速に増えているのが、これまで見られなかった高級シーフードレストランだ。生のカキやウニはもちろん、新鮮なカニやエビがさまざまな調理法で提供されており、多くのロシア人が舌鼓を打っている。最近開店した高級フードコート(屋内型広場)にはオイスターバーも登場した。

 この人気の理由には大きく二つある。一つ目は、健康的なライフスタイルへの関心が高まっていること。二つ目が、高級シーフードレストランが魚介類の鮮度を保ち、最適に調理するための最新設備を導入したことだ。こうしたレストランでは直接、魚介類を仕入れるようになっている。

残り268文字(全文609文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事