国際・政治ワールドウオッチ

ケニア 環境対策で建物撤去 影響額は数百億円に=久保唯香

    ガソリンスタンドの撤去跡(筆者撮影)
    ガソリンスタンドの撤去跡(筆者撮影)

     ケニアの首都ナイロビでは、環境保全政策に注目が集まっている。政府は2006年、河川保護のため建築物と河川との間に一定間隔を保持する規制を敷いた。しかし、ナイロビは土地開発が盛んだ。河川敷であろうとお構いなしに住居や商業施設が建ち並ぶ。そこで政府が講じたのが、不法とされる建築物の強制撤去「デモリッシュ」だ。今年8月初旬には大手チェーンレストランや住居などを相次いで強制撤去した。

     強硬な施策は「デモリッシュ」だけではない。10年以上対策が取られなかったポリ袋の不法投棄問題に対し…

    残り335文字(全文575文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット