経済・企業エコノミストオンライン

拡大するシェアリングエコノミーは現代社会に大きなインパクト =市川拓也

東南アジアで普及するライドシェアリング(バンコク)
東南アジアで普及するライドシェアリング(バンコク)

「シェアリングエコノミー」という言葉が、日本語として浸透してきた。民泊以外にも多方面で広がりを見せており、海外に後れを取りながらも、ようやく市民権を得つつある。

 シェアリングエコノミーとは、個人が提供する遊休の資産やスキルを他人が利用でき、インターネット上のプラットフォームを介してマッチングされることで成り立つ社会的仕組み。既存のモノや時間を有効活用することで、利用者は好きな時に好きなだけ利用でき、提供者は余った時間に副収入などを得られる。インターネットの活用により、個人でも距離を問わずマッチングが可能である。モノの過剰生産を抑える点で環境にやさしく、従来の経済の仕組みを大きく変える可能性を秘めている。

残り2531文字(全文2836文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事