【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

カリフォルニア 燃料電池大型トラック、トヨタなどテスト運用=土方細秩子

 電気自動車(EV)を巡る開発競争が商業用トラックにも及ぶ中、トヨタ自動車は9月、ロサンゼルス港や米大型トラックメーカー、パッカーの子会社のケンワース、石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルと提携して燃料電池による無公害トラックのテスト運用を始めることを発表した。

 トヨタは燃料電池による駆動部や水素タンク、モーターなどをケンワースが製造する15トントラック約10台に提供。同港からの輸送用トラックとして運用する予定だという。

 背景にあるのはカリフォルニア州大気資源局が展開する年間465トンの温室効果ガス削減プロジェクトだ。同港は燃料電池トラックの導入でこれに応じた。導入の初期費用は約8200万ドル(92億円)と見込まれており、州は4100万ドル(46億円)を助成するが、同港だけでは資金が足りず、トヨタなど提携企業が提供する。

残り235文字(全文601文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事