テクノロジー

前立腺がん 重粒子線でがん狙い撃ち 保険適用で選択肢増える=渡辺勉 がんに勝つ薬

    大阪重粒子線センターの加速器(大阪国際がん治療財団提供)
    大阪重粒子線センターの加速器(大阪国際がん治療財団提供)

     日本発のがん治療の技術である重粒子線治療。放射線治療の一つだが、「加速器」と呼ばれる装置で、エネルギーを高めた重粒子線でがん細胞を破壊する。水素原子核を加速して作るのは陽子線だが、より重い原子、炭素原子核を加速して作るのが重粒子線。体の奥深くまで直進し、病巣を狙い撃ちできるため、周辺の正常細胞への影響が少ない。また、従来の体の表面近くで作用するエックス線や陽子線より、体の奥で作用するため、がんを殺す力が強いとされる。

     重粒子線治療は、検査など一部で保険が使える先進医療に指定されているが、約300万円の治療費は自己負担となる。2016年4月、骨軟部腫瘍に初めて保険が適用され、18年度から頭頚部(とうけいぶ)がんの一部と前立腺がんにも適用が拡大された。現在、10月に治療を始めた「大阪重粒子線センター」(大阪市中央区)を含めて全国に6施設がある。

    残り969文字(全文1345文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事