週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

台湾 福島産の食品禁輸 解禁巡り住民投票へ=福岡静哉

     台湾は東日本大震災に伴う福島第1原発事故後、福島など5県からの食品禁輸を続けている。その台湾で11月24日、禁輸継続の賛否を問う住民投票が実施される。投票率25%以上で賛成が反対を上回れば、蔡英文政権は今後2年間、原則として解禁ができなくなり、日台関係に大きな打撃となる。

    ワールドウォッチ

     住民投票を求める署名を主導したのは野党・国民党。5県産食品への不安をあおり、解禁に前向きな蔡政権を攻撃するためだ。台湾世論は食品の安全に敏感で、蔡氏は解禁に踏み切れずにいる。

     日本側は繰り返し解禁を要求してきた。3月に安倍晋三首相の側近、萩生田光一幹事長代行が訪台。陳建仁副総統に安倍首相の親書を手渡した。関係筋によると、食品問題の解決を強く求める内容だったという。だがその後も台湾側に動きはなかった。5月には自民党の親台派が訪台を計画したが「首相官邸側からの要請で中止になった」(政府関係者)。日本側の強い不満を伝える狙いがあったとみられる。親台派のある自民党議員は「解禁…

    残り314文字(全文747文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット