週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ザンビア 取り締まり機械化で警官の監視態度が硬化=矢藤強

    随所に監視カメラが(筆者撮影)
    随所に監視カメラが(筆者撮影)

     ザンビアの首都ルサカでは最近、幹線道路を中心に、速度超過取り締まりが警察官による人海戦術からカメラの自動システムに移行している。逆説的ではあるが、これに伴い、運転中に警察官に止められることが多くなった。渋滞中、警察官が、通り沿いから車中の運転手の動きに目を光らせており、不審な動きを見つけると飛んできて「携帯電話を触った。違反だ」と言われる。ザンビアの道路法規では、運転中に体のどの部分も携帯に触れてはならない。地図アプリを見ていたというのは言い訳にならない。

    残り449文字(全文680文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット