週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

サンフランシスコ 強まる民泊への規制 背景に家賃高騰=瀧口範子

     全米で一般住宅を宿泊施設として活用する民泊の普及が進むが、カリフォルニア州のサンフランシスコ市では、民泊として住居を貸し出すオーナーへの規制が強化されている。規制では、オーナーは登録制で貸し出せる物件は1軒のみ。対象物件に年間275日以上住んでいなければ、貸し出せる日数は年間90日に限られる。

    ワールドウォッチ

     規制の背景にあるのは住宅不足だ。自宅以外に戸建てやアパートを所有する人たちは、民泊仲介サイトのエアビーアンドビーが普及して民泊に参入しやすくなると、賃貸住宅の家賃よりも実入りのいい民泊に切り替えるようになった。賃貸住宅は不足し、もともと高かった家賃は高騰した。

    残り454文字(全文741文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット