週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

韓国 冷えつつある経済成長のエンジン=嚴在漢

     2018年韓国製造業における工場稼働率と生産はそれぞれ、1997年のアジア通貨危機と08年のリーマン・ショック以来の最低水準を更新しつつある。半導体産業を除いては、主力産業の自動車と造船産業の生産量が落ち込んでいるのが最大の要因だ。

    ワールドウォッチ

     自動車や造船など経済の波及効果が大きい主力産業の低迷と、半導体など特定分野に頼りすぎる産業構造が、韓国製造業の危機に拍車をかけていると指摘されている。

     韓国統計庁の資料によれば、18年1~9月製造業の平均稼働率は72・8%で、前年比横ばい。アジア通貨危機以降では、2年連続で最低の稼働率(66・8%)を余儀なくされている。98年に底(89・7%)を打ち、翌年は100・8%に反騰し、09年を除けば15年までは毎年100%を上回った。16年以降は100%以下となっている。

    残り386文字(全文747文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット