週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

N.Y. 市の年金基金運用でオルタナティブ投資急増=斎藤康弘

     ニューヨーク市の年金基金の運用において、未公開株や不動産などへの「オルタナティブ(代替)投資」による運用が増えていることが、10月末に発表された市の2018会計年度(17年7月~18年6月)財務報告書から明らかになった。

    ワールドウォッチ

     市の年金基金は約2000億ドル(約22兆6000億円)に上り、オルタナティブ投資の比率は15%と08年度の7・5%から2倍上昇している。このうちプライベートエクイティ(未公開株)投資は202億ドル(約2兆2800億円)で年金基金の10%を超える。また不動産投資は前年度比12億ドル増の127億ドル(約1兆4400億円)となっている。

     オルタナティブ投資は信託報酬が高く、投資額の増加に伴い、運用業者への支払いは約10億ドル(約1130億円)に上っており、投資にかかる費用は前年度比で12%増加している。

    残り355文字(全文726文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット