法務・税務税務調査が狙っている

「金取引」の抜け穴 不動産投資家に広まる課税売り上げ増やす手法=松嶋洋

 消費税の申告を巡る抜け穴の一つが「金取引」だ。マンション販売業者などの場合、販売先が決まるまで一時的にマンションの賃料収入を得ることがある。この居住用賃料には消費税が課されないため、マンション販売業者が建物購入時に支払った消費税を、売り上げの際に預かった消費税から差し引くこと(控除)が制限されている。しかし、消費税が課税される売り上げ(課税売り上げ)が自社の売り上げの大部分を占める「一定の事業者」については、消費税控除の制限を受けないとされている。

 このため、課税売り上げを意図的に増やし、仕入れ(マンション販売業者なら建物の購入)の際に支払った消費税を差し引けるようにすることで、納める消費税額を少なくしたり、還付を受けたりする事業者がいる。課税売り上げを意図的に増やす手法として使われているのが、大きな金額で売買が可能な金取引だ。巨額な金取引を事業として繰り返すことで課税売り上げを増やし、事業全体に占める賃料収入(非課税売り上げ)の割合を減ら…

残り240文字(全文667文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事