法務・税務税務調査が狙っている

税制改正は厳格化の一途 ターゲットは富裕層=村田顕吉朗

     税制のスキを突き、次々に編み出される節税手法や租税回避行為。これに対し、国税庁が網を掛けていく「いたちごっこ」が続いている。国税庁側の租税回避・課税漏れ対策の方法は主に二つある。「法律改正による適用要件の変更」と「法定調書制度の活用」だ。この数年間で行われた改正内容とその意図を見てみると、この数年は特に富裕層を対象としたものが多く見られることが分かる。

    残り3101文字(全文3279文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月4日号

    11兆円市場 介護の勝者18 肥大化する新・公共事業 急膨張で疲弊する現場 ■浜田 健太郎/市川 明代20 インタビュー 辻哲夫 東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 「在宅介護支援は『内なる国防』」21        田村明孝 タムラプランニング&オペレーティング代表取締役 「細分化された施設の統 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット