経済・企業日本経済総予測2019

米圧力の脅威 車の輸出規制、円安是正迫る米国 日本の景気後退の現実味=木内登英

    新貿易協定に調印する米加メキシコの首脳。中央がトランプ米大統領(Bloomberg)
    新貿易協定に調印する米加メキシコの首脳。中央がトランプ米大統領(Bloomberg)

     日本経済は成長ペースを幾分落としつつも、比較的安定した状態を維持している。2019年10月に実施される消費税率引き上げも、成長軌道に大きな影響を与えないだろう。他方で、海外要因、特に米国の保護貿易主義が19年の日本経済にとって最大のリスクになると考える。

     18年12月初めの米中首脳会談で、トランプ政権は2000億ドル(約22兆5600億円)相当の中国からの輸入品への追加関税率を10%から25%に引き上げる措置の実施を、当初予定していた19年初から90日間猶予することを決めた。しかし、これは一時的な停戦でしかなく、米中貿易戦争は今後もエスカレートしていくだろう。

     国際通貨基金(IMF)の試算によれば、米国がすでに実施した鉄鋼・アルミの輸入制限と合計2500億ドルの対中追加関税で、米国と中国の国内総生産(GDP)はともに0.3%押し下げられる。

    残り2351文字(全文2727文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事