経済・企業日本経済総予測2019

過剰な設備 過去のピークに並ぶ過大投資 ストック調整が始まるリスク=河野龍太郎

    2020年東京五輪に向けて関連施設の建設が続くが・・・・・(新国立競技場)
    2020年東京五輪に向けて関連施設の建設が続くが・・・・・(新国立競技場)

     2018年初以降、日本の輸出と製造業の生産は拡大が止まっている。それでも日本経済が緩やかな拡大を続けているのは、設備投資が拡大を続けているからだ。しかし、設備投資に黄色信号がともり始めた。19年は景気拡大が終焉(しゅうえん)を迎えるのではないか、以下、分析する。

     長く個人消費の停滞が続く日本では、民間貯蓄を公的需要(財政赤字)か、外需(純輸出)か、設備投資のいずれかで吸収できた時、景気が回復した。シンプルなケインズの45度分析(国民所得決定理論のうち、財市場における需給均衡を分析する最も単純なモデル)で説明可能だ。

     不況からの立ち上がりは、拡張財政で財政赤字が拡大し、民間貯蓄が吸収される。世界経済が回復すると、外需で民間貯蓄が吸収される。外需主導の回復が続くと、業績の回復した企業が設備投資を増やすため、民間貯蓄が吸収され、景気拡大が加速する。

    残り2433文字(全文2810文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット