経済・企業2019を読むキーワード

ラグビーW杯 新規インバウンド商機あり 40万人に郷土を売り込め=小島清利

    ニュージーランドを相手に健闘する日本のFW リーチ・マイケル(手前)
    ニュージーランドを相手に健闘する日本のFW リーチ・マイケル(手前)

     ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、新日本有限責任監査法人の協力で、日本国内への経済波及効果を約4300億円と試算した。

     経済波及効果の内訳は、スタジアムなどインフラ整備費用、大会運営費用、国内客・訪日外国人観光客による消費を含む直接効果が約1917億円。日本のサプライチェーン(供給網)全体を通じた需要拡大を含む第1次間接効果が約1565億円、雇用増加に伴う消費拡大など第2次間接効果が約890億円となっている(表1)。

     大会の有益な遺産の継承を担う組織委員会レガシー局の本田祐嗣部長は「経済効果を実現するための条件として、訪日外国人観光客に対し、魅力あるツーリズムを提供できるかが重要だ」と話す。

    残り955文字(全文1260文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事