週刊エコノミスト Online世界経済総予測2019

原油 地政学リスクが上昇圧力 先物曲線が示唆する割安感=岩瀬昇

原油相場には供給過剰懸念がくすぶる(米ルイジアナ州の油田)
原油相場には供給過剰懸念がくすぶる(米ルイジアナ州の油田)

 米通信社ブルームバーグは2018年11月18日、「石油価格は3人の男に支配されている」と題する記事を報じた。10月初めに4年ぶりの高値となる1バレル=76ドルをつけたニューヨークWTI原油は、12月初旬には50ドル水準へと落ち込んでいるが、ブルームバーグは、これらの価格変動の主因として、かつて価格支配力を保持していた石油輸出国機構(OPEC)の力が落ちた一方、トランプ米大統領、ロシアのプーチン大統領、およびサウジアラビアのムハンマド皇太子の3者の行動や発言が重要となっており、19年以降の価格動向にも大きな影響をもたらすだろう──と指摘した。

 1980年代半ば以降、原油価格を決めてきたのは「市場参加者による将来の需給バランスの見通し」であると筆者は見ている。そして、足元の局面では、トランプ、プーチン、ムハンマドという3者の行動・発言が、市場参加者の需給バランス見通しに大きな影響を与えているのは事実だ。一方で、OPECも完全に力を失ったとは言えず、市場参加者にとって重要な判断材料である。

残り2133文字(全文2582文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事