週刊エコノミスト Online世界経済総予測2019

米金利 景気は後退せず2回=剣崎仁

 短中期国債で期間の長い金利が短い金利を逆転する「逆イールド」化が景気後退懸念を高めている。だが銀行が短期で資金調達して長期で貸し出す「預貸利ざや」がマイナスに転じても、非金融企業には投資収益率と資金調達コストの差「投資利ざや」がマイナスに転じない限り銀行貸し出しは伸び続け、景気後退に陥る可能性は低い。

 また食料や原油などを除いた、足元のコアインフレ率は、医療サービス価格の低下といった一時的要因に起因して弱含みだが、これまでのサービス業の賃金上昇により、2%を上回る水準まで上昇するだろう。一方、これまでのドル高により、米製造業は比較的早い段階で減速に転じる可能性がある。

残り313文字(全文601文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事