週刊エコノミスト Online世界経済総予測2019

米金利 景気減速回避へ利下げも=堀井正孝

     米国債の長短金利差の縮小が続いている。ただ、縮小の要因は変化しており、政策金利の影響を受けやすい短期金利上昇による縮小から、債券市場への需要が高まって長期金利が低下することによる縮小へと移った。

     これは好調の米国経済が減速に向かうと示唆している。さらに新興国株の下落や、米ドル高、原油価格の下落がそろい踏みとなり、景気の先行きに対する不透明感が生まれた。

     一方で企業に対する米銀行の融資の姿勢は、いまだ消極化しておらず、企業財務はおおむね健全であるため、クレジット(信用)面の強さが景気の大きな下支え要因となっている。故に景気減速はあっても近々の景気後退はなさそうだ。

    残り235文字(全文520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事