週刊エコノミスト Online世界経済総予測2019

米金利 景気減速回避へ利下げも=堀井正孝

 米国債の長短金利差の縮小が続いている。ただ、縮小の要因は変化しており、政策金利の影響を受けやすい短期金利上昇による縮小から、債券市場への需要が高まって長期金利が低下することによる縮小へと移った。

 これは好調の米国経済が減速に向かうと示唆している。さらに新興国株の下落や、米ドル高、原油価格の下落がそろい踏みとなり、景気の先行きに対する不透明感が生まれた。

 一方で企業に対する米銀行の融資の姿勢は、いまだ消極化しておらず、企業財務はおおむね健全であるため、クレジット(信用)面の強さが景気の大きな下支え要因となっている。故に景気減速はあっても近々の景気後退はなさそうだ。

残り235文字(全文520文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事