経済・企業世界経済総予測2019

NYダウ 好景気反動 年前半厳しく=馬渕治好

 2019年前半の米国株式市場は厳しい環境となるだろう。背景に三つの要因があり、米国経済が後退するためだ。(1)18年は好調な景気に法人減税の効果が加わったため、その反動が懸念される、(2)足元の好景気から、米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を一段と引き上げざるを得ず、既に陰りの出ている住宅や自動車の販売がさらに悪化する、(3)米政権の保護主義的な通商政策が家計や企業のコストを押し上げる、という点だ。

 企業の社債発行状況も要注意だ。最近までの低金利で、米企業は借入金や社債の発行を増やし、それを自社株買いに充ててきた。利上げで一段と金利水準が押し上げられれば、社債発行は縮小し、自社株買いが減退して株価下落を推し進めるだろう。金利コスト(社債の利子)の上昇によって企業の財務状況悪化が見込まれると、社債格下げの可能性を想起させ、社債利回りがさらに上昇するといった悪循環もありえよう。投資家にとっては株…

残り150文字(全文555文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事