週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

岐路の日米同盟 沖縄の民意があぶり出した「逆ピラミッド」安保のゆがみ=吉次公介

    沖縄の民意は中央政府に届くのか(2018年9月、沖縄知事選で勝利した玉木デニー氏)
    沖縄の民意は中央政府に届くのか(2018年9月、沖縄知事選で勝利した玉木デニー氏)

     2018年9月、沖縄で、翁長雄志知事の急逝を受けて、県知事選挙が実施された。そして、翁長県政の継承を掲げ、普天間基地の辺野古移設に反対する玉城デニー候補が、安倍晋三政権の全面的な支援を受けた佐喜真淳候補に圧勝した。

     辺野古移設の是非が最も重要な争点だったこの選挙は、県民のみならず、多くの本土の国民の関心を集めた。だが、普天間移設をめぐる日本政府と沖縄県側の溝は埋まらず、問題解決への道筋は見えないままだ。

     沖縄米軍基地問題は、「沖縄固有の問題」ではなく、「日本全体の問題」、換言すれば日米安保体制(以下、安保体制)そのものの問題である。国連の集団安全保障がまだ十分に機能せず、アジア太平洋地域における多角的な安全保障体制の構築も道半ばであることから、当面は、日本の安全を保障し、アジア太平洋地域の秩序を維持する装置として、安保体制は続くであろう。そうであれば、我々が考えるべきは、安保体制のどこを、いかに…

    残り3663文字(全文4067文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット