経済・企業エコノミストリポート

「地域共生社会」の背景に見える厚労省の思惑とは=三原岳

     介護保険の財政が厳しさを増している。65歳以上の人の保険料負担も右肩上がりの状況が続く。そうした中で、厚生労働省は近年、「地域共生社会の実現」を声高に主張し始めた。その理念は理想的であるとしても、現場ではとまどいの声が聞かれる。この背景には、介護保険財源を確保するため、現在は「40歳以上」である介護保険料の対象年齢を引き下げたいという思惑があるように感じられる。

     厚労省は2016年7月、「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部を発足させ、現行の縦割りの公的福祉サ…

    残り3350文字(全文3583文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット