国際・政治エコノミストリポート

外国人労働者受け入れ拡大 「期限付き」で深まらぬ議論 その場しのぎでない共生策を=石原進

    日本語が苦手な外国人の子どもを支援する取り組みも行われている
    日本語が苦手な外国人の子どもを支援する取り組みも行われている

     安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に大きくかじを切った。目的ははっきりしている。深刻さを増す労働力不足の解消だ。単純労働だとして政府が認めてこなかった分野に外国人を受け入れることになった。その点をとらえ、大手メディアは「日本社会のあり方を変える政策転換」だと言う。果たしてそうなのか。

     安倍晋三首相は国会答弁で「政府としては、移民政策をとることは考えていない」と繰り返した。その理由の一つとして安倍首相は外国人を「期限を付して受け入れる」ことを挙げた。定住化を避けたいわけだ。ここでは「移民」の議論をするつもりはないが、かつて自民党内で議論された、ある提言を紹介したい。

    「人材開国!日本型移民政策の提言─世界の若者が移住したいと憧れる国の構築に向けて」。作成したのは自民党外国人材交流推進議員連盟(会長・中川秀直元幹事長)だ。

    残り3705文字(全文4070文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット