テクノロジーエコノミストリポート

月周回、火星も視野 民間ベンチャー参入の宇宙観光 課題は有人輸送技術の確立=佐藤将史

    (出所)編集部作成 写真はBloomberg
    (出所)編集部作成 写真はBloomberg

     詳細画像はこちら

     現在、宇宙ビジネスの世界市場は約37兆円規模と言われ、その8割を衛星関連が占めている。宇宙ビジネスは政府主導の宇宙開発に民間企業が協力する官需ビジネスが主流だが、近年はスタートアップ企業による民間主導の宇宙開発やサービス利用が拡大する「ニュー・スペース」と呼ばれる潮流へと移りつつある。その中で拡大が期待される分野の一つが、宇宙観光だ。

     2018年9月、ネット通販サイトZOZO(ゾゾ)の前沢友作社長が宇宙ベンチャー、米スペースXと月周…

    残り4505文字(全文4733文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月5日号

    大変調 企業決算22 牙むく「トランプ砲」 標的は自動車と為替 ■浜田 健太郎24 注目セクター 1 自動車 米中2大市場の減速、固定費増、日米貿易摩擦の三重苦 ■遠藤 功治26        2 エレクトロニクス 半導体「超好況」終息、調整局面へ ■石野 雅彦28        3 機械 下方修正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット