教養・歴史話題の本

話題の本 『アナログの逆襲』『無人化と労働の未来』『平成政権史』『文系と理系はなぜ分かれたのか』

    『アナログの逆襲』 デイビッド・サックス著 インターシフト 2100円

     例えばアナログレコード。モレスキンのような紙の手帳。フィルム。ボードゲームやカードゲーム。これらアナログなモノや発想が、世界各地で再び注目されるようになっているという。本書の著者が強調するのは、それらが「身体的」であるという点だ。モノとしての存在感に加え、身体を通じた他者とのコミュニケーションに魅力を覚える新世代も現れている。そして今、デジタル業界ほどアナログを重視するという逆説的な現象が現れている。(K)

    残り737文字(全文978文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事