経済・企業世界経済総予測2019

焦点・ドル トランプ流「米国第一」が招くマネー還流=武田紀久子

    大量のドルが米国に戻っている Bloomberg
    大量のドルが米国に戻っている Bloomberg

    「米国の独り勝ち」と言われた2018年の世界経済や金融市場の背景を、資本フローの観点から見てみると、米国への大規模な資本還流が挙げられる。これがさまざまな経路で米国の経済活動や株式市況などに好影響を与えると同時に、年間を通じてドル高を支える背景となった模様だ。今のところ資本還流に、明確な打ち止め感は出ておらず、19年もしばらくはドル相場を下支えする可能性が高い。

    残り2375文字(全文2557文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事