経済・企業世界経済総予測2019

米国編 「独り勝ち」に三つの死角 ドル高・インフレ・海外失速=長谷川克之

ドル高は輸出額の大きい航空産業にも打撃(ボーイングの工場) Bloomberg
ドル高は輸出額の大きい航空産業にも打撃(ボーイングの工場) Bloomberg

 2018年の世界経済は減速懸念が強まる中で暮れようとしている。

「独り勝ち」と言われた米国経済は18年第2、第3四半期に4%前後の極めて高い成長を遂げ、通年でも内需の底堅さを背景に3%前後の高い成長となった模様だ。

 成長率としては15年(2.9%)以来の水準。仮に3%台となれば05年以来のことになる。しかし、総額1.5兆ドルものトランプ減税によりカサ上げされており、米国経済の好調を額面通り受け止めることは禁物である。

残り2251文字(全文2461文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事