週刊エコノミスト Online世界経済総予測2019

エコノミストが選ぶ注目の3テーマ 西岡純子 三井住友銀行チーフ・エコノミスト

    (1)米国での追加経済政策の有無

    (2)米中貿易摩擦は収束するか

    (3)欧州政治問題

     主要国が財政出動で景気底上げに躍起となる中で、金融市場が政治問題に大きく左右される試練の一年となりそうだ。

     2018年の経済は米国1強の構図だった。米国が成長率の勢いを取り戻したのは減税効果によるところが大きく、19年も減税効果は続く。ただし、前年と比べた押し上げ効果が弱まることには注意が必要だ。

     トランプ大統領が追加減税が必要だと判断したとしても、ねじれ議会の下での立法化は難しい。野党と折り合いが比較的つきやすいとされるインフラ投資についても、米国民の支持を集める力がトランプ大統領にはやや足りていない。

    残り368文字(全文664文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事