マーケット・金融エコノミストオンライン

2019年メモリー市況は2ケタ減も=大山聡

    韓国サムスン電子がソウル近郊の平沢(ピョンテク)市に建設したメモリー工場。世界最大級の半導体生産拠点だ(Bloomberg)
    韓国サムスン電子がソウル近郊の平沢(ピョンテク)市に建設したメモリー工場。世界最大級の半導体生産拠点だ(Bloomberg)

     世界の半導体メーカーが自主参加する世界半導体市場統計(WSTS)は、2018年秋期半導体市場予測において、19年半導体市場を前年比2.6%増、メモリー市場を同0.3%減と発表した(表)。全体的に成長率が18年に比べて鈍化する中、メモリーだけ1ケタのマイナス成長にとどまるとの見方だが、筆者は2ケタの幅で落ち込む可能性が高いと考える。本稿では、現在の半導体市況を分析しながら、今後の留意点について整理したい。

     図は、WSTSの月次データ(18年10月の実績まで)をグラフ化したものだ。メモリー市況は前年比マイナスに落ち込む目前であり、それ以外の市況は特に大きな変動もなく推移している。18年に2ケタ成長が期待できそうなディスクリート(個別半導体)やアナログIC(集積回路)、1ケタ成長にとどまるロジック(論理)ICなど、それぞれ若干の温度差はあるが、WSTSはいずれの分野も19年の成長率を3%台で見ている。…

    残り2339文字(全文2743文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事