国際・政治エコノミストオンライン

台湾で大学が経営危機 少子化は世界ワースト3位=井上雄介

    康寧大学の台北キャンパス(台北市内湖区)=11月27日 筆者撮影
    康寧大学の台北キャンパス(台北市内湖区)=11月27日 筆者撮影

     台湾で今年、3発の“地雷”が相次ぎ爆発した。経営破綻しそうな大学を台湾で「地雷」と呼ぶ。知らずにうっかり踏み込むと、突然廃校して跡形もなくなり、学生もキャリアに大きな傷を負う可能性があるためだ。

     台湾では経済成長に伴う社会の需要と、子どもを大学に行かせたがる国民の要望に合わせて、1994年以降、大学が雨後のタケノコのように急増した。多くが専門学校から昇格した私立大学だったが、経済成長の鈍化と少子化で歯車は逆回転を始め、今や多くが経営危機に直面している。今年に入り、私立の康寧大学など3校が相次いで学生募集の停止を発表し、台湾内に大きな衝撃が走った。

     台湾の私立大・専門学校は、収入に占める学生納付金の割合が6~7割と高い。学生減少が財務状況の悪化と…

    残り2705文字(全文3032文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月2日号

    終活で頼れる 税理士・司法書士・社労士第1部 相続・事業承継26 大相続時代に広がる市場 「手続き屋」から「専門医」へ■岡田 英/黒崎 亜弓30 相続編 過払い相続税 「還付バブル」は崩壊 ■編集部32 未登記で済まず 要らない“負動産”どうする ■編集部33 司法書士団体が落札 所有者不明土地の持 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット