国際・政治エコノミストオンライン

台湾で大学が経営危機 少子化は世界ワースト3位=井上雄介

    康寧大学の台北キャンパス(台北市内湖区)=11月27日 筆者撮影
    康寧大学の台北キャンパス(台北市内湖区)=11月27日 筆者撮影

     台湾で今年、3発の“地雷”が相次ぎ爆発した。経営破綻しそうな大学を台湾で「地雷」と呼ぶ。知らずにうっかり踏み込むと、突然廃校して跡形もなくなり、学生もキャリアに大きな傷を負う可能性があるためだ。

     台湾では経済成長に伴う社会の需要と、子どもを大学に行かせたがる国民の要望に合わせて、1994年以降、大学が雨後のタケノコのように急増した。多くが専門学校から昇格した私立大学だったが、経済成長の鈍化と少子化で歯車は逆回転を始め、今や多くが経営危機に直面している。今年に入り、私立の康寧大学など3校が相次いで学生募集の停止を発表し、台湾内に大きな衝撃が走った。

     台湾の私立大・専門学校は、収入に占める学生納付金の割合が6~7割と高い。学生減少が財務状況の悪化と…

    残り2705文字(全文3032文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット