国際・政治エコノミストオンライン

台湾で大学が経営危機 少子化は世界ワースト3位=井上雄介

    康寧大学の台北キャンパス(台北市内湖区)=11月27日 筆者撮影
    康寧大学の台北キャンパス(台北市内湖区)=11月27日 筆者撮影

     台湾で今年、3発の“地雷”が相次ぎ爆発した。経営破綻しそうな大学を台湾で「地雷」と呼ぶ。知らずにうっかり踏み込むと、突然廃校して跡形もなくなり、学生もキャリアに大きな傷を負う可能性があるためだ。

     台湾では経済成長に伴う社会の需要と、子どもを大学に行かせたがる国民の要望に合わせて、1994年以降、大学が雨後のタケノコのように急増した。多くが専門学校から昇格した私立大学だったが、経済成長の鈍化と少子化で歯車は逆回転を始め、今や多くが経営危機に直面している。今年に入り、私立の康寧大学など3校が相次いで学生募集の停止を発表し、台湾内に大きな衝撃が走った。

     台湾の私立大・専門学校は、収入に占める学生納付金の割合が6~7割と高い。学生減少が財務状況の悪化と教育の質の低下に直結し、さらに学生数の減少を招く悪循環に陥るのが、経営危機のパターンだ。

    残り2661文字(全文3032文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット