国際・政治エコノミストオンライン

特報:中国共産党は孟CFO逮捕を知っていた?=田代秀敏

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の本社
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の本社

 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)が米国の要請でカナダで逮捕されたことが報じられた翌日の12月7日、中国株が急落した。一時停戦と見られた米中貿易摩擦の再燃が懸念された結果だ。日本政府も名指しこそしないものの、ファーウェイと中興通訊(ZTE)の製品を安全保障上の懸念が指摘されることを理由に事実上排除する方針を固めたことが、同日の話題になった。しかし、米中双方の動きを丹念に追跡すると、中国共産党は孟CFO逮捕を事前に合意していた可能性が浮上する。

 孟CFOが逮捕されたのは、アルゼンチンのブエノスアイレスで米中首脳会談が行われた12月1日。カナダのバンクーバーで、米国政府の要請を受けたカナダ政府によって逮捕された。逮捕容疑は発表されていないが、米司法当局がファーウェイについて、対イラン経済制裁を回避する金融取引に関与した疑いで捜査しているとの報道もある。

残り903文字(全文1304文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事