資源・エネルギーエコノミストオンライン

新潮流「ソーラーシェアリング」 「発電×農業」で地域振興=廣町公則

    トラクターなど農業機械を支障なく運用できるよう、太陽光パネルは十分な高さ(最低2メートル以上)に設置される=千葉エコ・エネルギー提供
    トラクターなど農業機械を支障なく運用できるよう、太陽光パネルは十分な高さ(最低2メートル以上)に設置される=千葉エコ・エネルギー提供

     再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)が2012年7月にスタートして以来、太陽光発電の導入は急速に進んだ。一方で、自然災害が多発する昨今にあって、発電設備の安全性や地域との共生が喫緊の課題として顕在化してきている。こうした中、いま多方面から注目を集めているのが、「ソーラーシェアリング」だ。

     ソーラーシェアリングとは、太陽光を“発電”と“農業”で共有する取り組み。農地の上部空間に太陽光パネルを設置して、農作物を生産しながら発電事業を行う。営農型太陽光発電とも称され、農業問題とエネルギー問題を同時に解決する試みとしても期待が高まっている。

    残り3864文字(全文4141文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事