テクノロジーゲノム編集で食は安全か

米は規制せず、EUは技術使えば規制=立川雅司

     2018年は、ゲノム編集技術と社会との関係を考えるうえで、おそらく分水嶺(ぶんすいれい)となった年ではないか。特に筆者が専門とする食料生産分野においては、世界的に重要なさまざまな出来事が起きた。

     まず、世界で初めてゲノム編集された作物(高オレイン酸大豆)が米国で商業栽培された。3月には、米国の農務長官がゲノム編集によってDNA(デオキシリボ核酸)の一部を失わせたり、一部の配列を置き換えたりするなどの新たな植物育種技術に関して、規制対象としないという方針を公表した。

     数カ月後の7月、EU(欧州連合)では反対に、ゲノム編集など新規の突然変異誘発技術を規制対象とする欧州司法裁判所の裁定が下された。米国とEUとはゲノム編集に対して、まったく異なった規制方針で臨むことが決定的となった。日本でも規制の検討が本格的に始まった。

    残り2408文字(全文2770文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事