テクノロジーゲノム編集で食は安全か

4年でマダイの新品種 遺伝子の一部破壊は規制対象外へ=石堂徹生/編集部

    左の「肉厚マダイ」は明らかに身が厚い(329日齢)(木下政人助教提供)
    左の「肉厚マダイ」は明らかに身が厚い(329日齢)(木下政人助教提供)

     通常(野生)のマダイと比べて、身が厚い品種の「肉厚マダイ」。今春には、初めて出荷サイズの0.8~1キロまで育つ。

     品種開発のヒントは、突然変異で生まれた筋肉隆々の肉牛2品種にある。欧州でヘルシーな赤身肉として広く流通。1997年、この2品種の筋肉の発達は、「ミオスタチン」という遺伝子が働かない点にあることが米国の研究で分かった。ミオスタチンには、筋肉細胞が増えたり個々の細胞が大きくなったりすることを抑える働きがある。2品種の肉牛では、ミオスタチンが働かないために他の肉牛よりも筋肉が増える。

     2品種の肉牛は、品種改良の中でたまたま起こった遺伝子の突然変異を見つけて育成された。それならば、こ…

    残り3788文字(全文4086文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット