テクノロジーゲノム編集で食は安全か

合成生物学の衝撃 生物を作り出し、種を消滅させる=須田桃子

    ゲノム編集ベビーを誕生させたと主張する中国・南方科技大学の賀建奎准教授(2018年11月28日、香港)(Bloomberg)
    ゲノム編集ベビーを誕生させたと主張する中国・南方科技大学の賀建奎准教授(2018年11月28日、香港)(Bloomberg)

     2018年11月末、事実ならば人類史上初めてとなる「ゲノム編集ベビー」のニュースが世界を駆け巡った。中国の研究者が、「生命の設計図」とされるゲノムを精度良く編集する技術「クリスパー・キャス9」を使って改変した受精卵から、双子の女児を誕生させたと主張したのだ。エイズウイルス(HIV)に感染しにくくする、という目的に医学的な妥当性はなく、遺伝子を操作して親が望む特性を子に与える「デザイナーベビー」を作る試みと言える。その意味でも過去に例のない、衝撃的な出来事だった。

     この原稿を書いている12月下旬時点で、双子が誕生したという確実な証拠は示されていない。だが、生まれ…

    残り1915文字(全文2199文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット