テクノロジーゲノム編集で食は安全か

種子 バイオメジャーも開発参入=松島三兒

    バイオメジャーの集約化が進んできた(種子+農薬売り上げ推移)
    バイオメジャーの集約化が進んできた(種子+農薬売り上げ推移)

    詳しくはこちら

     ゲノム編集技術を活用した種子ビジネスでは当面、ゲノム編集に特化したバイオベンチャーがけん引役を果たすのは間違いないだろう。同様にベンチャーがけん引したバイオ医薬ビジネスでは、ベンチャーは製薬業界で確固たる地位を占めるまでに成長した。

     しかし、ゲノム編集種子のバイオベンチャーはそう遠くない将来、グローバルな展開を考える段階でバイオメジャーとの連携を視野に入れざるを得なくなる。農業分野でのゲノム編集技術のコントロールを強化したいバイオメジャーが、優良なベンチャーを買収し、技術の囲い込みを図ることは十分に考えられる。

    残り2860文字(全文3126文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット