週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

増える学童保育の待機児童 予算は保育園の16分の1=本山勝寛

    日本財団が運営する「第三の居場所」
    日本財団が運営する「第三の居場所」

     全国学童保育連絡協議会は2018年10月、共働きやひとり親家庭の小学生が放課後を過ごす放課後児童クラブ(学童保育)の待機児童が5月1日時点で少なくとも1万6957人に上ると発表した(図1)。調査を始めた09年以降で最多だ。

    約1万7000人が待機

     民間による自治体アンケート方式の調査で、把握していない自治体も1割近くあるため、実際はより多いことが予測される。厚生労働省によると、全国の放課後児童クラブは17年5月現在で2万4573カ所、登録児童数は117万人に上る。その数は毎年増加し続け、15年前と比してほぼ倍増している。しかし、学童の待機児童問題は、ニーズの高まりに比べるとこれまであまり注目されてこなかった。

     保育園の待機児童は大きな社会問題として注目を浴び、その対策には、政府も地方自治体も予算をつけて本格…

    残り1927文字(全文2285文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット