国際・政治

ブレグジット 現状踏襲の英代替案 EUの譲歩が鍵に=吉田健一郎

     英国のメイ首相は1月21日、下院で声明文を発表し、1月15日の下院投票で否決された英国のEU(欧州連合)離脱(ブレグジット)合意案に代わる英政府の代案を明らかにした。

    「プランB」と呼ばれる代案のポイントとして、メイ首相は次の3点を挙げた。第一は、EUと離脱後の将来関係を議論する際には、柔軟で包括的なアプローチをとり、英議会の関与を強める。第二は、環境や労働者の権利を可能な限り保護すること。第三は、アイルランド島の厳格な国境管理の排除について、英下院とEU双方の譲歩により合意を目指すことである。

     他方、野党が要求していた再国民投票の実施、EU離脱期限の延期、合意なき離脱の除外といった措置は、い…

    残り796文字(全文1096文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット