週刊エコノミスト Onlineエシカル・ファッションの衝撃

動物愛護団体vs毛皮団体 残虐性と環境負荷で論争=廣田悠子

毛皮廃止を訴える米国の動物愛護団体(Bloomberg)
毛皮廃止を訴える米国の動物愛護団体(Bloomberg)

「エシカル(倫理的な)・ファッション」の取り組みの中でもとりわけ「ファーフリー(脱毛皮)」に取り組むブランドの増加が目立つ背景には、動物愛護団体の活発な活動がある。SNS(交流サイト)を使って自らの主張を広く世界に伝えることができるようになったことで、ファッションショーの会場で毛皮をまとった来場者に生卵を投げつけていた時代よりも大きな影響力を持つようになった。

 動物愛護団体が強調するのは、毛皮動物の飼育や毛皮生産における残虐性だ。2004年ごろには毛皮の生産工程で生きたまま毛皮を剥ぐ事例があることを、最近では家畜が共食いする実態を動画で暴き、SNSで瞬く間に拡散させた。

残り2276文字(全文2564文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事