経済・企業マーケット総予想2019

日本株 上昇へ 米景気後退の可能性低く2万4000円まで回復=柏原延行

 2018年10月に始まった米株式市場の不安定化は、米10年物国債利回り(長期金利)の上昇が一つの契機となった。一方で同年12月の下落は「米5年物国債利回りと2年物国債利回りの金利差(長短スプレッド)」がマイナスになったことが契機の一つとなった。

 それぞれの契機について、市場は景気後退のサインと解釈したが、このことは金利の上昇も下落も悪材料と捉えてしまう市場の「地合いの悪さ(株価の下落基調)」を示していると思われる。米国の景気後退局面入りへの警戒感が強まっていると言っていいだろう。

 ただ、世界同時株安とまでは言えない。12月の主要株価指数の下落率をみると、日経平均株価は10%超、ダウ平均株価(米国株)が9%台だったのに対し、ドイツ株価指数(DAX、欧州株)は5%超、上海総合(中国株)やボベスパ(ブラジル株)、センセックス(インド株)などは5%以内と軽微にとどまったからだ。

残り1122文字(全文1513文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事