週刊エコノミスト Onlineズバリ!地域金融

第12回 伊予銀行、私募債で地元に寄贈・寄付=浪川攻

    ふるさと支援型の私募債を告知する伊予銀行のホームページ
    ふるさと支援型の私募債を告知する伊予銀行のホームページ

     地元に慕われ、愛される銀行──。地域銀行の理想像である。金融庁は近年、地域銀行に対して「持続可能なビジネスモデルの構築」を呼び掛けているが、そのバックボーンと言えるのは経営地盤の地元顧客層からの支持にほかならない。地元を捨てて、持続可能となっても、それは地銀の存在意義の放棄でしかない。

     私募債業務で地域銀行ならではと言える取り組みを続けているのが伊予銀行だ。私募債とは、少数の特定の投資家に発行する社債だ。

     地元の取引先企業の資金調達ニーズに対して私募債発行をアドバイスするだけであれば、通常の取り組みだが、同銀行はこれに発行記念の寄付を結び付けている。その名も「ふるさと応援私募債」である。

    残り1060文字(全文1358文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事