週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

「財管一致の会計」のススメ=高橋賢

財管一致の会計システム
財管一致の会計システム

経営判断に必要な情報を提供

 決算日が近づくと、公開財務諸表の作成に向け、経理部をはじめとする会計関連の部署は戦場と化しているであろう。担当部署では、財務諸表を作ること、すなわち会計を行うことは法律などで義務付けられた制度であり、そこに積極的な意味を見いだせないかもしれない。そうなると、会計という行為が企業における「コスト」だと感じているところも少なからずあるだろう。

 会計には大きく分けると二つの種類がある。一つは、外部の利害関係者(主に証券投資家)向けに企業の財務情報を発信する財務会計と、企業内部の経営管理者のために経営管理情報を提供する管理会計である。実際には、多くの企業ではこの区分を意識していないかもしれない。

残り2693文字(全文3004文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事