週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

「財管一致の会計」のススメ=高橋賢

    財管一致の会計システム
    財管一致の会計システム

    経営判断に必要な情報を提供

     決算日が近づくと、公開財務諸表の作成に向け、経理部をはじめとする会計関連の部署は戦場と化しているであろう。担当部署では、財務諸表を作ること、すなわち会計を行うことは法律などで義務付けられた制度であり、そこに積極的な意味を見いだせないかもしれない。そうなると、会計という行為が企業における「コスト」だと感じているところも少なからずあるだろう。

     会計には大きく分けると二つの種類がある。一つは、外部の利害関係者(主に証券投資家)向けに企業の財務…

    残り2770文字(全文3004文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット