経済・企業学者が斬る・視点争点

高齢化で財政政策の効果低減=宮本弘暁

    図1 各国・地域の老齢人口比率の推移と見通し
    図1 各国・地域の老齢人口比率の推移と見通し

    日本の「失われた20年」と合致

     欧州や日本をはじめ多くの先進国や一部の開発途上国で高齢化が進んでいる。

     高齢化の指標としてよく使用されるのが、15~64歳の人口(生産年齢人口)に対して65歳以上の人口が占める割合を示す「老齢人口比率」だ。2018年の日本の老齢人口比率は47%で、世界で唯一40%を超えており、高齢化の度合いが突出していることが分かる。国連の将来推計人口によると、50年にはさらに上昇し、70%程度になると予想されている。

     老齢人口比率は今後、多くの国で上昇が見込まれており、50年には欧州諸国や中国、韓国でも現在の日本の…

    残り2611文字(全文2880文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月28日号

    5Gで上がる日本株16 経済効果は1000兆円以上 機関投資家も着々と投資 ■村田晋一郎/種市房子19 インタビュー 世界のキープレーヤー サム・ローガン ザイリンクス(日本法人)社長 「増加続ける『FPGA』需要 基地局ベンダーと進む協業」第1部 分野別 注目の銘柄診断20 (1) 検査・製造装置 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット