国際・政治東奔政走

今年前半は「外交の安倍」に専念 後半は憲法改正か、少子高齢化対策か=平田崇浩

     米国発の株安に東京市場が見舞われた1月4日、伊勢神宮を参拝し、年頭記者会見に臨んだ安倍晋三首相は意気軒昂(けんこう)だった。

    「保護主義への懸念が高まる世界にあって、日本はしっかりと自由貿易の旗を掲げ、新しい時代の公正なルールづくりをリードしていく」

     米中の2大国が独善的な振る舞いで影響力を落とす不透明な世界情勢の中、国際社会の秩序を守るのは自分だとのアピールに聞こえた。

    残り2331文字(全文2518文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット