国際・政治東奔政走

目先の対応に追われる政権 混沌とするポスト安倍戦線=前田浩智

参院法務委員会で入管法改正案について質問を聞く安倍晋三首相(奥)(2018年12月6日)
参院法務委員会で入管法改正案について質問を聞く安倍晋三首相(奥)(2018年12月6日)

 自民党総裁選(2018年9月)が終わって少ししたころ、同党中堅議員らとの会合で、「ポスト安倍」談義に花が咲き、古い一冊の本が話題になった。

『戦後保守政治の軌跡』(岩波書店)。月刊誌『世界』に1980~81年にかけて連載された、戦後政治を取材してきた3人のジャーナリストの対談をまとめたものである。

「繕い師」

『軌跡』は、ベトナム戦争に敗北するなど米国の力が低下する中での戦後保守政治の動揺が大きなテーマだが、話題になったポイントはそこではない。朝日新聞東京本社編集局長などを務めた後藤基夫氏が佐藤栄作・長期政権(64~72年)以後の田中、三木、福田、大平、鈴木の5内閣について語った次の言葉である。

「戦後保守は矛盾がダーッと噴き出た。(中略)行き着く先だと言える事態になった。したがって僕は、田中以後の内閣はいまの鈴木内閣をも含めて、保守のほころびの繕いというか弥縫(びほう)する内閣なんだと思う。『繕い師』なんだ」

残り2117文字(全文2525文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月20日号

日本株 沸騰前夜14 東証新指数「トヨタ外し」が好材料 新NISA控え先回りする外国人■浜田健太郎/和田肇17 インタビュー 草刈貴弘 カタリスト 投資顧問ファンドマネジャー18 バフェット氏の商社株買い 総会で「さらなる投資」に意欲■尾藤峰男20 CFOに聞く1 インタビュー 鉢村剛 伊藤忠商事副 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事