週刊エコノミスト Online東奔政走

「右を抑える」安倍戦略 進む国会の空洞化=人羅格

    参院法務委員会の入管法改正案採決で横山信一委員長(中央)に詰め寄る議員ら(12月8日)
    参院法務委員会の入管法改正案採決で横山信一委員長(中央)に詰め寄る議員ら(12月8日)

    「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が流行語大賞のトップ10入りした今年、ひときわボーっとしていたのは残念ながら国会だった。そう言われても仕方ない議論不在である。

     改正入管法が成立し、臨時国会が閉幕した。12月8日、参院本会議で可決された際、時計は午前4時を回っていた。

     議論も尽くさず演じた恒例のドタバタ劇は国民に共感どころか、むしろ嫌悪感を抱かせることは当の議員たちもわかっていよう。それでも結局、このパターンに追い込まれてしまう。

     外国人労働者に「特定技能」という新たな就労資格を設け、建設、農業、介護など単純労働と呼ばれる分野で受け入れを拡大する。これが改正入管法の骨子である。

     日本政府は外国人の単純労働を認めていないが、実際は国際貢献を名目とする技能実習生や留学生が50万人分の労働力を補完している。

    残り2103文字(全文2457文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット