週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

英国 ヴァージン航空、買収で国内線再参入へ=酒井元実

    ヴァージン機が英国内の空を再び舞う日は近そうだ
    ヴァージン機が英国内の空を再び舞う日は近そうだ

     英国のヴァージン・アトランティック航空が、近く国内線に再参入することになりそうだ。同社は1984年6月、ロンドン─ニューヨーク間の就航を皮切りに35年余りにわたり、長距離国際線をメインに運航。英国国内線は13年にロンドン─スコットランド間を開設したが、事業再編により15年9月に撤退した。89年から運航していたロンドン─成田線も同年2月に惜しまれながら運航休止した。

     国内線再参入は、同国南西部エクセター国際空港を拠点とする地域航空会社フライビーの買収に伴う。同社は国内線シェアトップだったが、原油価格高騰などにより業績が急速に悪化。ヴァージンが他の国内企業とコンソーシアム(連合体)を組んで救済に乗り出し、220万ポンド(3億1450万円)で買収した。

    残り199文字(全文527文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット