週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

フィリピン マニラ湾で水質改善事業 大腸菌333倍で=大堀真貴子

     不法な汚水の垂れ流しなどにより環境汚染が長年問題となっているフィリピンのマニラ湾で2019年1月27日、水質改善を図る事業が本格的に始まった。環境天然資源省傘下のラグナ湖開発庁は、排水処理設備を整備していない周辺施設に閉鎖命令を下し、1日当たり最大20万ペソ(約42万円)の罰金を科すとしている。違反通告を受けた事業者は3~4カ月以内に規定に準じた設備を導入しなければならない決まりだ。

     この事業は昨年、半年間閉鎖したリゾート地ボラカイ島(アクラン州)に続く措置で、政府は470億ペソの…

    残り373文字(全文617文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット