週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ナイジェリア ベナン移民が支える日系駐在員の胃袋=山村千晴

    アントン氏(左)とガストン氏
    アントン氏(左)とガストン氏

     ナイジェリアの最大都市・ラゴスは西アフリカのビジネス・文化の中心で、外国から仕事を求めて多くの移民が集まる。国連統計によると、西隣のベナンからの移民が最も多く、ガーナ、マリ、トーゴと近隣諸国が続く。これらの国は西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)に加盟している。加盟国間ではビザなし渡航が可能であることも、これらの国からの移民が多い一因だ。

     移民の中には「外国料理」という特殊技能を武器に、海外駐在員の下で働く料理人がいる。ラゴスの日系企業駐在員の家でも日本料理を身につけた料理人が働き、中でもベナン人の存在が目立つ。

    残り318文字(全文580文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット