週刊エコノミスト Online話題の記事

春節で中国活況 消費持ち直しの兆しも=呂福明

     2月5日は中国で最も大切とされる旧正月「春節」。中国人が個人ベースで最も消費する期間といわれるが、米中貿易摩擦の激化や中国地方政府によるインフラ投資の減速という国内外の要因によって、好調だった中国経済が18年秋以降に急減速。しかし旅行をはじめ、財布のひもが緩む傾向は変わりなさそうだ。

     中国大手旅行予約サイトは、春節休暇中(2月4~10日)の国内旅行者数は前年比約1400万人増の延べ4億人超、海外旅行者数が同50万人増の延べ700万人と予想。増加の要因として国内では高速鉄道の開通や航空便の増便など利便性の向上、観光スポットのチケット値下げ、海外についてはビザ発給条件の緩和などが挙げられる。

     実際、春節休暇期間中に旅行などを楽しんでいる若者が多く、旅行先やレジャー施設での写真や動画を、ソー…

    残り709文字(全文1057文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット